JR貨物、ブロックトレイン「カンガルーライナーTF60」を東京貨物タ〜東福山駅間で運行

ニュース画像:2021年9月撮影 西濃コンテナイメージ(spockerさん撮影) - 「JR貨物、ブロックトレイン「カンガルーライナーTF60」を東京貨物タ〜東福山駅間で運行」
2021年9月撮影 西濃コンテナイメージ(spockerさん撮影)

©spockerさん

JR貨物は2021年10月5日(火)、西濃運輸と日本フレートライナー(日本FL)のブロックトレイン「カンガルーライナーTF60」の運転を、東京・品川区八潮の東京貨物ターミナル駅と広島・福山市引野町の東福山駅間の約779キロメートル(km)で開始します。西濃運輸のブロックトレインの運転は、今回で3往復目になります。

「カンガルーライナーTF60」は、1列車あたり輸送量31フィート(ft)、コンテナ30個(往復60個)の20両編成で運転します。20両のうち、15両が西濃運輸、5両が一般利用です。今回運行するブロックトレインの新設は、近年社会問題となっているトラックドライバー不足の緩和と、地球温暖化防止に向けたCO2排出量削減によるカーボンニュートラル実現への貢献に向けた取り組みです。

3月には4往復目を迎える福山通運の「福山レールエクスプレス号」も運行されています。JR貨物は一度に多くを輸送でき、環境に優しい「物流生産性の向上」や「グリーン社会の実現」の価値を社会に提供することをめざしています。

この列車の運行によるCO2排出削減量は、年間8,083tとなります。

■運転区間
・下り:東京ターミナル(6:58発)->東福山(21:22着)
・上り:東福山(4:14発)->東京ターミナル(20:19着)

期日: 2021/10/05から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ