「ソニック」「かもめ」、出来たて駅弁を運ぶ 特急列車で荷物輸送の実証実験

ニュース画像:ソニック 2020年10月撮影 (わんべあさん撮影) - 「「ソニック」「かもめ」、出来たて駅弁を運ぶ 特急列車で荷物輸送の実証実験」
ソニック 2020年10月撮影 (わんべあさん撮影)

©わんべあさん

JR九州は2021年10月16日(土)、長崎〜博多間、大分〜博多間で特急「ソニック」「かもめ」を活用した荷物輸送実証実験を実施します。

実証実験は、当日の朝に製造された長崎・大分エリアの駅弁などを博多に輸送、積載時や運搬時のオペーレーションを確認します。長崎駅8時47分発・博多駅10時52分着の特急「かもめ10号」、大分駅7時14分発・博多駅9時37分着の特急「ソニック8号」が使用される計画です。

なお、当日の博多駅 在来線中央改札口前スペースでは、荷物輸送サービスPRイベントである「つばめマルシェ」の特別版「つばめマルシェ ~駅弁まつり~」が開催され、実証実験で輸送された駅弁が販売されます。開催時間は11時から17時です。

期日: 2021/10/16

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ