SLやまぐちのD51形炭水車、台車に亀裂 7月の定期検査で発覚

ニュース画像:SLの炭水車 - 「SLやまぐちのD51形炭水車、台車に亀裂 7月の定期検査で発覚」
SLの炭水車

©JR西日本

JR西日本は2021年10月19日(火)、SL「やまぐち」で使用されるD51形200号機において、炭水車の台車に亀裂が1箇所、キズが2箇所確認されていたと公表しました。これは、7月に実施された定期検査で明らかになったものです。

この定期検査は、2020年12月28日(月)から2021年9月30日(木)まで梅小路運転区で実施されていたもので、見つかった亀裂は長さ6センチメートル(cm)、深さ1.5cmの大きさがありました。また、キズは長さ7cm、深さ0.6cmのものと、長さ6.5cm、深さ0.5cmのものの2箇所が確認されました。

ニュース画像 1枚目:台車に確認された亀裂とキズ
台車に確認された亀裂とキズ

©JR西日本

JR西日本は、台車検修を行う社員へ事象を周知し、当該箇所の入念な点検を実施するとしています。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ