ロングシートがスーツケース置き場に!京成3100形、インバウンドで活躍する日は近い?

ニュース画像:京成3100形 3154 2021年9月撮影 (masakiさん撮影) - 「ロングシートがスーツケース置き場に!京成3100形、インバウンドで活躍する日は近い?」
京成3100形 3154 2021年9月撮影 (masakiさん撮影)

©masakiさん

京成電鉄3100形電車は2021年10月26日(火)で、デビューから2年を迎えます。京成3100形は約16年ぶりの新形式で、成田スカイアクセス線に投入されました。この新型車両はロングシートの通勤型車両で、インバウンド需要を意識したスーツケース置き場が設置されて話題となりました。しかしデビュー後、オリンピックを見据えて本格的な活躍が期待された2020年はコロナ禍真っ只中、海外からの観光客は激減し、本来の活躍の機会がなかなかできずにいた3100形。ワクチン接種が進み少しずつ明るい兆しが見え、今後は海外からの乗客を乗せる日も近いかも知れません。

ニュース画像 1枚目:ロングシートにスーツケース置場が(Odatetsuさん撮影)
ロングシートにスーツケース置場が(Odatetsuさん撮影)

©Odatetsuさん

3100形は新京成80000形と共通設計で製造された車両で、2021年10月25日現在、8両編成6本が導入され、今後製造予定の10本と合わせて計16本が投入される予定です。車体には、成田スカイアクセスの案内カラーのオレンジを取り入れ、日本らしい富士山や沿線各所のイメージイラストが描かれています。車内は、座席の一部が折り畳み式になっていて、スーツケース置場に利用できる工夫が加えられています。セキュリティ向上を目指した防犯カメラを設置、またプラズマクラスターイオン発生装置も設置し、安全で快適な車内環境が整備されています。

ニュース画像 2枚目:車体のイメージイラスト「浅草雷門とスカイツリー」 (トレインさん撮影)
車体のイメージイラスト「浅草雷門とスカイツリー」 (トレインさん撮影)

©トレインさん

ニュース画像 3枚目:車体のイメージイラスト「成田山新勝寺」(トレインさん撮影)
車体のイメージイラスト「成田山新勝寺」(トレインさん撮影)

©トレインさん

ニュース画像 4枚目:車体のイメージイラスト「千葉県側からの富士山遠景」(トレインさん撮影)
車体のイメージイラスト「千葉県側からの富士山遠景」(トレインさん撮影)

©トレインさん

現在5編成が運用中で、今後も新編成が続々と運用を開始する新車両3100形。通勤型の車両にも関わらず旅行者にも優しい車両で、お手頃にお気軽に乗車してお出かけしてみてはいかがでしょうか?

ニュース画像 5枚目:デビュー当日の3100形 2019年10月26日(太郎さん撮影)
デビュー当日の3100形 2019年10月26日(太郎さん撮影)

©太郎さん

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

  • ニュース画像:京成3100形 3154 2021年9月撮影 (masakiさん撮影)

    京成3100形 3154 2021年9月撮影 (masakiさん撮影)

    ©masakiさん

  • ニュース画像:ロングシートにスーツケース置場が(Odatetsuさん撮影)

    ロングシートにスーツケース置場が(Odatetsuさん撮影)

    ©Odatetsuさん

  • ニュース画像:車体のイメージイラスト「浅草雷門とスカイツリー」 (トレインさん撮影)

    車体のイメージイラスト「浅草雷門とスカイツリー」 (トレインさん撮影)

    ©トレインさん

  • ニュース画像:車体のイメージイラスト「成田山新勝寺」(トレインさん撮影)

    車体のイメージイラスト「成田山新勝寺」(トレインさん撮影)

    ©トレインさん

  • ニュース画像:車体のイメージイラスト「千葉県側からの富士山遠景」(トレインさん撮影)

    車体のイメージイラスト「千葉県側からの富士山遠景」(トレインさん撮影)

    ©トレインさん

  • ニュース画像:デビュー当日の3100形 2019年10月26日(太郎さん撮影)

    デビュー当日の3100形 2019年10月26日(太郎さん撮影)

    ©太郎さん

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ