長崎駅高架下の新商業施設、名称は「長崎街道かもめ市場」に決定

ニュース画像:長崎街道かもめ市場 イメージ - 「長崎駅高架下の新商業施設、名称は「長崎街道かもめ市場」に決定」
長崎街道かもめ市場 イメージ

©JR九州

JR九州は2021年10月27日(水)、西九州新幹線開業に先駆けて2022年春に開業する長崎駅高架下商業施設の施設名称を「長崎街道かもめ市場」に決定しました。

名称は、かつて長崎街道が、長崎に伝来した文化や技術を全国に伝える架け橋であったように、西九州新幹線かもめが新たな架け橋となる願いが込められ、命名されました。

商業施設は、長崎駅改札正面に位置する延床面積4,400平方メートル、店舗面積2,200平方メートルの新施設で、土産物、飲食、日常的に駅を利用する方向けのデイリーサービスの計54店舗が出店する計画です。

デイリーサービス店舗では、マクドナルド、ファミリーマート、ヤマト運輸、キンコーズ、トランドールなど13店舗が出店、土産物店は和菓子や洋菓子、練物・海産物などの食品を中心に27店舗が出店します。飲食は、「ご当地ゾーン」、「横丁ゾーン」に分かれ、ちゃんぽん、五島うどんなどの長崎名物のほか、海鮮丼や牛タン、ラーメン、台湾バルなど14店舗が出店する予定です。

ニュースURL

溜まっていませんか、鉄道写真!?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ