京成と千葉都市モノレールが初のコラボツアー開催 3600形を貸し切り

ニュース画像:京成3600形と千葉都市モノレールのアーバンフライヤー0 形 - 「京成と千葉都市モノレールが初のコラボツアー開催 3600形を貸し切り」
京成3600形と千葉都市モノレールのアーバンフライヤー0 形

©京成電鉄

京成電鉄と千葉都市モノレールは、2021年11月13日(土)と11月23日(火・祝)の2日間、初のコラボツアー「3600形&アーバンフライヤー0形で行く!モノレール車両基地見学ツアー」を開催します。

ツアーは、鉄道ファンの間で「ターボくん」の愛称で親しまれている京成電鉄の3600形を貸し切り、京成上野駅から京成千葉駅に向かいます。その後、千葉都市モノレールの「アーバンフライヤー0形」に乗り換え、千葉都市モノレールの萩台車両基地に向かい、懸垂型モノレールの特徴を分かりやすく伝えてくれるガイド付ツアーで、検修庫内やモノレールの洗車、普段日中に見ることができない軌道作業車の見学などを楽しむことができます。

ツアー参加者には、千葉市動物公園の入園券や千葉都市モノレールの一日乗車券、千葉中央駅近くのダイニングレストラン「ベリエール」、京成ホテルミラマーレのレストランで利用できる割引券がプレゼントされます。

旅行代金は大人 5,000円、小児 4,000円で、11月4日(木)12時までの間、京成トラベルホームページから申し込みできます。

期日: 2021/11/04まで

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ