キハ120形に広島カープラッピング、芸備線・福塩線で運行

ニュース画像:ラッピングデザイン - 「キハ120形に広島カープラッピング、芸備線・福塩線で運行」
ラッピングデザイン

©JR西日本

JR西日本は2021年11月28日(日)から、キハ120形1両に「広島カープ」ラッピングを施します。同車両は主に芸備線の広島~備後落合間、福塩線の塩町~府中間で運行される計画です。

ラッピングは、「芸備線にカープ号を走らす会」によりデザインされたもので、赤地の背景に広島カープのロゴやキャラクターのイラストが描かれています。

初日の11月28日(日)は、芸備線の三次~備後庄原間に臨時列車1往復が運行予定です。往路は三次を9時に出発、備後庄原駅に9時35分に到着、復路は備後庄原駅を10時42分に出発、三次駅に11時14分に到着します。臨時列車の運行にあわせ、備後庄原駅で地元が主催するイベントも開催される予定です。

期日: 2021/11/28から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ