新潟駅高架下開発の工事に着手、2024年春頃の全体開業を目指す

ニュース画像:新潟駅高架下開発の工事に着手 2022年1月から - 「新潟駅高架下開発の工事に着手、2024年春頃の全体開業を目指す」
新潟駅高架下開発の工事に着手 2022年1月から

©JR東日本

JR東日本新潟支社は2021年11月25日(木)、新潟駅の高架下空間での商業施設の開発に着手すると発表しました。着工は2022年1月で、新潟駅周辺整備事業の進捗に合わせ段階的に開業し、2024年春頃の全体開業を目指します。

JR東日本グループは、新潟駅周辺整備事業を契機に、地元地域と連携しながら「新潟駅Nプロジェクト」として新規事業・店舗開発等の推進と、駅周辺の賑わいの創出、中心市街地活性化に取り組んでおり、高架下開発もこの一環です。

高架下の商業施設は地上2階(一部3階)、店舗面積は約13,000平方メートル(㎡)です。開業時期は1期がから4期までを予定、1期は2022年6月に開業予定です。

ニュース画像 1枚目:イメージパース(コンコース側 施設外観)
イメージパース(コンコース側 施設外観)

©JR東日本

開業する商業施設は、地域の方、新潟駅を利用する方に向けたコンセプトを「コト」としています。自分らしいショッピングを楽しむ「コト」、仲間とのお食事を味わう「コト」、新潟の豊かな食や技巧に富んだ銘品を感じる「コト」などを通して、「いつもの日常」を「ちょっと楽しい日常」へ変えていく、くらしを彩る商品・サービスを提供します。

ニュースURL

乗りつぶし、もう断念させません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)
  • ニュース画像:新潟駅高架下開発の工事に着手 2022年1月から

    新潟駅高架下開発の工事に着手 2022年1月から

    ©JR東日本

  • ニュース画像:イメージパース(コンコース側 施設外観)

    イメージパース(コンコース側 施設外観)

    ©JR東日本

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ