西九州エリアの新D&S列車「ふたつ星4047」、外観デザイン公表

ニュース画像:ふたつ星4047 外観デザイン - 「西九州エリアの新D&S列車「ふたつ星4047」、外観デザイン公表」
ふたつ星4047 外観デザイン

©JR九州

JR九州は2021年11月26日(金)、西九州エリアの新しいD&S列車「ふたつ星4047」の外観デザインを公表しました。

「ふたつ星4047」はキハ40・47形気動車を使用し、佐賀県・武雄温泉駅と長崎県・長崎駅の2県の“ふたつの星”をめぐる列車です。2022年秋にデビューする予定です。

外観は、「ふたつ星4047」のコンセプトである「西九州の海めぐり列車」として、有明海・大村湾の水面に映える“パールメタリック”を基調としたデザインとなりました。車体の随所にあしらった金色のロゴとラインが、西九州の美しい自然に映えるようデザインされています。

ロゴマークは、佐賀県、長崎県と九州の観光の“スター”が並び立つ様子がイメージされています。この“ふたつの星”が九州の観光をリードし、九州を元気にしていく様子をイメージしています。

ニュース画像 1枚目:ふたつ星4047 ロゴデザイン
ふたつ星4047 ロゴデザイン

©JR九州

3両編成の2号車には「ビュッフェ・ラウンジ車」が設けられます。この車両は共用スペースとして販売カウンターが設置され、客室乗務員により沿線の軽食、飲料、スイーツ等が販売される予定です。

ニュース画像 2枚目:「ビュッフェ・ラウンジ車」イメージ
「ビュッフェ・ラウンジ車」イメージ

©JR九州

ニュースURL

乗りつぶし、もう断念させません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ