近江塩津駅、「新0番のりば」12月20日から使用開始 大雪時に臨時利用

ニュース画像:新0番のりば - 「近江塩津駅、「新0番のりば」12月20日から使用開始 大雪時に臨時利用」
新0番のりば

©JR西日本

JR西日本は2021年12月20日(月)から、北陸本線の近江塩津駅において、新0番のりばの使用を開始します。新しいのりばの新設により、冬季にも近江塩津駅での乗降や乗換えが可能となります。

近江塩津駅ではこれまで、冬季の積雪により分岐器が正当に動作しない事象を防止するため、分岐器を動作させずに一定方向に固定していました。その結果、湖西線から敦賀方面へ向かう列車の乗降や米原方面への乗換えができない事象が発生していましたが、これが解消されます。

新0番のりばは、2021年12月20日(月)から運用が開始されますが、大雪によるダイヤ乱れが見込まれる場合のみ使用されます。ホームは4両対応の1面で、長さは約80メートル(m)、幅は約1.5〜2mです。JR西日本は、分岐器が正当に動作しない事象を回避することで、安定した輸送サービスの確保ができるようになります。

期日: 2021/12/20から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ