JR東日本、「まもレール」のサービス対象を首都圏7線区111駅に拡大

ニュース画像:拡大後の「まもレール」サービスエリア - 「JR東日本、「まもレール」のサービス対象を首都圏7線区111駅に拡大」
拡大後の「まもレール」サービスエリア

©JR東日本

JR東日本は2018年1月9日(火)、セントラル警備保障と共同で提供している子ども見守りサービス「まもレール」の対象駅を現在の2線区57駅から拡大します。今回の拡大では、新たに5線区54駅でサービスを開始し、合計7線区111駅での利用が可能となります。

「まもレール」は、子どもが「Suica」や「PASMO」などのICカード乗車券で自動改札機を通過すると、登録した保護者のスマートフォンなどの携帯端末に「利用駅」、「通過時刻」、「チャージ残額」などが通知されるサービスです。利用対象者は、小学生、中学生、高校生で、利用料金は月額500円です。

1月9日(火)から新たにサービスの対象となる駅は、京浜東北線、東海道線、横須賀線、宇都宮線、青梅線の計54駅です。2018年春までに総武線、内房・外房線、京葉線、南武線、埼京・川越線、横浜線、武蔵野線、常磐線の計133駅でもサービスが開始される予定です。

サービスの詳細など、詳しくはJR東日本のウェブサイトを参照ください。


■新たにサービス対象となる線区と駅名
<京浜東北・根岸線>
大船駅、本郷台駅、港南台駅、洋光台駅、新杉田駅、磯子駅、根岸駅、山手駅、石川町駅、関内駅、桜木町駅、横浜駅、東神奈川駅、新子安駅、鶴見駅、川崎駅、蒲田駅、大森駅、大井町駅、品川駅、田町駅、浜松町駅、新橋駅、有楽町駅、東京駅、神田駅、秋葉原駅、御徒町駅、上野駅、鶯谷駅、日暮里駅、西日暮里駅、田端駅、上中里駅、王子駅、東十条駅、赤羽駅、川口駅、西川口駅、蕨駅、南浦和駅、浦和駅、北浦和駅、与野駅、さいたま新都心駅、大宮駅

<東海道線>
東京駅、新橋駅、品川駅、川崎駅、横浜駅、戸塚駅、大船駅、藤沢駅、辻堂駅、茅ケ崎駅、平塚駅

<横須賀線>
東京駅、新橋駅、品川駅、西大井駅、武蔵小杉駅、新川崎駅、横浜駅、保土ケ谷駅、東戸塚駅、戸塚駅、大船駅、北鎌倉駅、鎌倉駅、逗子駅

<宇都宮線>
東京駅、上野駅、尾久駅、赤羽駅、浦和駅、さいたま新都心駅、大宮駅、土呂駅、東大宮駅、蓮田駅

<青梅線>
西立川駅、東中神駅、中神駅、昭島駅、拝島駅

期日: 2018/01/09から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ