京都鉄道博物館、映像上映「実況!大阪環状線」開催 クハ489形の車内公開も

ニュース画像:上映映像のイメージ - 「京都鉄道博物館、映像上映「実況!大阪環状線」開催 クハ489形の車内公開も」
上映映像のイメージ

©京都鉄道博物館

京都鉄道博物館は、2022年2月開催のイベントを発表しました。

2月12日(土)と2月13日(日)の2日間は、ワークショップ 鉄道映像上映「実況!大阪環状線」が開催されます。開催中の企画展「大阪環状線~大阪まあるく60年~」にあわせて実施されるもので、大阪環状線を走行する列車の前面展望映像を実況風の解説と合わせて視聴できる企画です。本館1階の489系横デジナビ付近で実施される予定で、各回先着約30名まで参加できます。

2月17日(木)は、「絵はがきで見る駅舎建築のあゆみ」をテーマに、学芸員による「おとなの学び講座」が開催されます。本館3階のホールにおいて14時から15時まで開催され、先着順で約30名まで参加できます。

また、2月の毎週土曜日・日曜日・祝日は、関西圏で「雷鳥」、「しらさぎ」として活躍した「クハ489形1号車」の車内が公開される予定です。

期日: 2022/02/05 〜 2022/02/27

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ