福岡市営地下鉄・七隈線延伸開業は2023年3月 新駅「櫛田神社前」シンボルマークも決定

ニュース画像:新駅「櫛田神社前」シンボルマークは「櫛田のぎなん」の葉と「舁き縄」の組み合わせ - 「福岡市営地下鉄・七隈線延伸開業は2023年3月 新駅「櫛田神社前」シンボルマークも決定」
新駅「櫛田神社前」シンボルマークは「櫛田のぎなん」の葉と「舁き縄」の組み合わせ

©福岡市交通局

福岡市交通局は2022年1月7日(金)、延伸工事中の地下鉄七隈線の天神南〜博多間について2023年3月に開業見通しであることを発表しました。また、延伸区間に開業する新駅「櫛田神社前」のシンボルマークも決定し、開業に向け着々と準備が進行しています。

今回の延伸開業により、福岡市西南部から都心部への移動だけではなく、都心部内の移動も便利になり、都心部の交通渋滞の軽減や地下鉄空港線の混雑緩和も見込まれます。また、都心部の活力と魅力の向上や、CO2排出量の削減など環境への効果も期待されます。

櫛田神社前駅のシンボルマークは、多の総鎮守である櫛田神社の「銀杏(ぎなん)」の葉と、博多祇園山笠の「舁き縄」を組み合わせて、力強く駆けているようなデザインです。また、七隈線博多駅については、空港線博多駅の駅シンボルマークと同一となります。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ