JR東、「Suica Light」販売開始 デポジットなしで修学旅行など短期利用に最適

ニュース画像:法人向けに販売する新たな交通系ICカード「Suica Light」 - 「JR東、「Suica Light」販売開始 デポジットなしで修学旅行など短期利用に最適」
法人向けに販売する新たな交通系ICカード「Suica Light」

©JR東日本

JR東日本は2022年1月12日(水)、新たな交通系ICカード「Suica Light」の販売を開始すると発表しました。「Suica Light」は、「有効期限あり・預り金(デポジット)なし」が特徴のICカードです。地方自治体の交通費補助事業等で活用することを想定、短期間で移動する修学旅行などの団体旅行でも、通常のSuica代わりに利用できます。このカードはびゅうトラベルサービスが地方自治体、旅行代理店など法人へ販売し、一般向け販売はありません。

「Suica Light」は500円のデポジットなしで、最大6カ月間の使用が可能です。デポジットを預からないため、利用後の払い戻しの手間がありません。通常のSuicaと同様、全国相互利用対象エリアの鉄道・バス等での利用はもちろん、店舗やタクシー、観光施設などで電子マネーとして利用できます。なお、入金(チャージ残高)の払いもどし、再発行には対応しません。

自治体採用例として、千葉県四街道市が「まち・ひと・しごと創生推進事業」の一環で「四街道ふるさと の味お届け便支援事業」を実施。この事業は新型コロナウイルス感染症の影響で、帰省が困難となっている四街道市出身で千葉県外に居住している18歳から25歳の学生を応援するため、「Suica Light」と市の特産品等を1月下旬より配布します。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ