JR東、製造50周年の「ED75形」3両連結&あけぼのヘッドマークで撮影会 2月11日

ニュース画像:「あけぼの」ヘッドマークを掲出したED75形 1986年7月撮影(北東航1さん撮影) - 「JR東、製造50周年の「ED75形」3両連結&あけぼのヘッドマークで撮影会 2月11日」
「あけぼの」ヘッドマークを掲出したED75形 1986年7月撮影(北東航1さん撮影)

©北東航1さん

JR東日本仙台支社は2022年2月11日(金・祝)、仙台車両センターで国鉄ED75形電気機関車の車両撮影会を開催します。製造50周年を迎える往年の機関車「ED75形」を3両連結、ヘッドマークはかつての寝台特急列車「あけぼの」を掲出するプレミア撮影会です。

撮影会は仙台駅集合・解散、開催時間は11時45分から14時50分です。イベントでは撮影会のほか、回送列車の乗車体験も楽しむことができます。申し込みは1月21日(金)10時からJR東日本の通販サイト「JRE MALL仙台支社店」から中学生以上の20名を募集、料金は17,500円です。定員に達し次第、販売を終了します。参加者には仙台支社管内にゆかりのある鉄道グッズがプレゼントされます。

「ED75形」は国鉄時代の1963年(昭和38年)から1976年(昭和51年)に計302両が製造された交流機関車です。 JR東日本では東北地区を中心に貨物や客車をけん引していました。同社には現在5両が在籍、 うち1972年(昭和47年)製造の3両が仙台車両センターに所属しています。

期日: 2022/01/21 〜 2022/02/11

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ