特急しおかぜ・南風、運行開始50周年 記念乗車証を配布

ニュース画像:特急「しおかぜ」「南風」 - 「特急しおかぜ・南風、運行開始50周年 記念乗車証を配布」
特急「しおかぜ」「南風」

©JR四国

JR四国は2022年3月15日(火)から、特急「しおかぜ」「南風」の運行開始してから50周年を記念し、記念乗車証を乗客に配布します。

50年前の1972年3月15日、高松~松山~宇和島間で特急「しおかぜ」、高松~中村間で特急「南風」が運行が開始されました。

記念乗車証は、「しおかぜ」「南風」の指定席利用者に配布されます。「しおかぜ」は今治~伊予西条間のグリーン席・指定席利用者が対象で、「南風」は土佐山田~大歩危間のグリーン席・指定席利用者が対象です。対象のきっぷを持つ乗客に車掌から配布されます。3月15日(火)から配布され、なくなり次第終了となります。

このほか、50周年記念企画として、3月15日(火)から3月31日(木)までの期間、高松駅改札前コンコースで「鉄道友の会」主催の特急「しおかぜ」・「南風」の軌跡を辿る写真展が開催される予定です。JR四国では、今後このほかにもさまざまなイベントや記念商品の販売を計画しています。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ