京王、定期券発売窓口を大幅縮小へ 吉祥寺・京王八王子駅など営業終了

ニュース画像:吉祥寺駅 (Tsurugi2999さん撮影) - 「京王、定期券発売窓口を大幅縮小へ 吉祥寺・京王八王子駅など営業終了」
吉祥寺駅 (Tsurugi2999さん撮影)

©Tsurugi2999さん

京王電鉄は2022年4月16日(土)から、定期券発売窓口を大幅に縮小します。千歳烏山駅、京王八王子駅、吉祥寺駅の定期券発売窓口は4月15日(金)で、営業を終了します。新宿駅、調布駅、高幡不動駅、京王多摩センター駅、渋谷駅の定期券発売窓口は、4月16日(土)以降、午前中の営業が廃止され、平日、土休日にかかわらず12時から20時までの営業となります。

これまで定期券発売窓口で販売されていた、バス金額式IC定期券「モットクパス」は引き続き各駅自動券売機、新宿駅、調布駅、高幡不動駅、渋谷駅定期券発売窓口、定期券らくはや予約サービスで購入できます。また、西東京バスIC定期券は引き続き京王八王子駅、高尾駅自動券売機で購入可能です。

期日: 2022/04/15まで

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ