JR東日本、DeNAと共同でレンタカー無⼈貸出サービスの実証実験 新潟と福島で

ニュース画像:レンタカー無⼈貸出サービス - 「JR東日本、DeNAと共同でレンタカー無⼈貸出サービスの実証実験 新潟と福島で」
レンタカー無⼈貸出サービス

©JR東日本

JR東日本は2017年12月13日(水)、DeNAが提供する個⼈間カーシェアリングサービス「Anyca (エニカ)」を活⽤し、JR東⽇本レンタリースの保有⾞両を無⼈で貸し出すサービスの実証実験を実施すると公表しました。実験は、2017年12⽉18⽇(⽉)から開始されます。

実証実験では、カーシェアリングサービス「Anyca」上で、JR東⽇本レンタリースが所有する⾞両と、利⽤したい顧客とのマッチングを実施するものです。無⼈貸出の⾞両を使用したい利用者は、「Anyca」のスマートフォンアプリで事前に⾞両を検索、予約し、クレジットカードで決済します。

なお、実証実験で利⽤できる⾞両には、アプリで⾞両のドアの解錠と施錠ができるスマートキーデバイスを搭載することによって、対⾯での⼿続き無しに⾞両の乗り出しや返却が可能となります。

実証実験の実施時期は、2017年12月18日(月)から2018年6月末までです。実施場所は、新潟、⻑岡、越後湯沢、新⽩河、福島、郡⼭のJR東⽇本レンタリースの店舗で、各1台までとなります。提供⾞両は⽇産「NOTE」です。詳しくは、JR東日本のウェブサイトを参照ください。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ