有楽町線・南北線延伸区間、東京メトロに事業許可 2030年代半ば開業予定

ニュース画像:有楽町線・南北線 事業区間 - 「有楽町線・南北線延伸区間、東京メトロに事業許可 2030年代半ば開業予定」
有楽町線・南北線 事業区間

©東京メトロ

東京メトロは2022年3月28日(月)、国土交通大臣より、有楽町線延伸(豊洲〜住吉間)と、南北線延伸(品川〜白金高輪間)の第一種鉄道事業許可を受けたことを発表しました。総建設費は2路線合わせて約4,000億円、いずれも2030年代半ばの開業を目指します。

有楽町線 豊洲〜住吉間は4.8kmの延伸で、所要時間は現行約20分のところ、約9分に短縮されます。延伸により、東京東部・北部、千葉方面と臨海副都心、また豊洲市場や、東京スカイツリーなどの観光拠点とのアクセスの向上が見込まれます。

南北線 品川〜白金高輪間では2.5kmの延伸となり、所要時間は現行約19分のところ、約9分に短縮されます。六本木・赤坂等の都心部から、リニア中央新幹線の始発駅となるターミナル駅の品川駅、さらには羽田空港までのアクセスの利便性向上につながります。

期日: 2022/03/28から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ