117系トップナンバー「T1編成」、5月末運用終了 京都鉄道博物館で特別展示へ

ニュース画像:5月末に引退を迎えるトップナンバー編成 T1(117系 sukimaさん 2019年10月14日撮影) - 「117系トップナンバー「T1編成」、5月末運用終了 京都鉄道博物館で特別展示へ」
5月末に引退を迎えるトップナンバー編成 T1(117系 sukimaさん 2019年10月14日撮影)

©sukimaさん

京都鉄道博物館は2022年5月12日(木)~5月17日(火)、JR西日本が保有する国鉄117系電車のトップナンバー編成「T1」の特別展示を実施します。T1編成は5月末に運用を終了する予定で、館内ではさよならイベントや車内公開、引退記念グッズ付き入館券の販売などが予定されています。

117系T1編成は、JR西日本の営業路線と繋がった引込線を活用し館内へ入線、展示場所は本館1F 「車両のしくみ/車両工場」エリアです。車内公開では、中間車両「モハ117-1」、「モハ116-1」の見学が可能です。公開日時は5月13日(金)~5月16日(月) 10時~16時です。

また、展示最終日の5月17日(火)15時からは「さよならセレモニー」を開催、セレモニー終了後、出線シーンを公開します。

車両特別展示にあわせて、京都鉄道博物館オリジナルの117系トップナンバー編成引退記念キーホルダーをセットにした入館券を発売、価格は一般が1,800円です。さらに、現役 JR西日本社員による運転台見学&解説ツアーがセットになったスペシャルチケットも発売。販売箇所は予約サイト「アソビュー!」から、いずれも数量限定で販売、売切次第、販売を終了します。

ニュースURL

あなたにとって普段の写真でも、見たい人がいます!

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ