北陸新幹線 上越妙高~糸魚川間、開業から7年で利用者5,000万人達成

ニュース画像:北陸新幹線イメージ(E7・W7系新幹線 yumaちゃんさん 2018年10月16日撮影) - 「北陸新幹線 上越妙高~糸魚川間、開業から7年で利用者5,000万人達成 」
北陸新幹線イメージ(E7・W7系新幹線 yumaちゃんさん 2018年10月16日撮影)

©yumaちゃんさん

JR西日本は2022年4月15日に、北陸新幹線 上越妙高~糸魚川間の利用者が5,000万人に到達したことを発表しました。2015年3月14日の開業から7年1ヶ月での達成です。

開業の2015年から1年目の2016年に1,000万人、2017年には2,000万人と1年ごとに約1,000万人ずつ利用者数を順調に伸ばしていましたが、2019年の4,000万人到達後、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で利用者が激減。約3年を経過し、2022年に5,000万人を達成しました。

期日: 2022/04/15から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ