JR東、「GV-E197系気動車」と「E493系電車」量産車新造 国鉄車両と置き換えへ

ニュース画像:(GV-E197系 おなだいさん 2021年05月13日撮影) - 「JR東、「GV-E197系気動車」と「E493系電車」量産車新造  国鉄車両と置き換えへ」
(GV-E197系 おなだいさん 2021年05月13日撮影)

©おなだいさん

JR東日本は2022年5月13日(金)、新型砕石輸送用の「GV-E197系電気式気動車」と、車両けん引用の「E493系交直流電車」の量産車新造について発表しました。投入時期は2023年度以降で、順次運用を開始する予定で、今後、老朽化した機関車・貨車からの置き換えを行います。

同社は2021年に、安全性やメンテナンス性の更なる向上の実現に向けて、「GV-E197系」6両1編成と「E493系」2両1編成の量産先行車を新造し、それぞれ高崎エリアと首都圏エリアに投入。今回、性能試験や技術的検証が完了したことから量産車を新造し、老朽化した機関車・貨車からの置き換えを行います。

投入両数は「GV-E197系」が、砕石を搭載する車両(ホッパ車)を含む6両編成を6編成と、牽引用の車両を2両新造、「E493系」は2両編成を1編成新造します。いずれもJR東日本の全エリアで運用予定です。

ニュースURL

あなたの貴重な写真、後世にのこしませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ