復元完了の「C11 123」登場!東武「SL大樹3重連イベント」、南栗橋車両管区で開催

ニュース画像:2020年実施のSL大樹重連運転(南栗橋車両管区内) - 「復元完了の「C11 123」登場!東武「SL大樹3重連イベント」、南栗橋車両管区で開催」
2020年実施のSL大樹重連運転(南栗橋車両管区内)

©東武鉄道

東武鉄道は2022年6月19日(日)、埼玉県久喜市の南栗橋車両管区で、復元作業を完了したC11形蒸気機関車123号機を使用した「SL大樹3重連イベント」を開催します。2019年1月から復元作業を開始したSL「C11 123」を先頭に、 JR北海道で活躍していたカニ目が特徴の「C11 207」、真岡鐵道で運転していた「C11 325」を連結し重連運転します。

このイベントは2022年5月現在、日本国内で唯一、同一形式の車両を動態保存として3両保有する東武鉄道が、現在では貴重なSLならではの力強さと、かつての昭和レトロの光景を楽しんでもらうため企画しました。重連運転では、3両のC11形が、「オハフ15 1」「オハテ12 2」「スハフ14 1」「オハテ12 1」「スハフ14 501」の客車を牽引し8両編成で運行します。

ニュース画像 1枚目:SL大樹 3重連の列車編成
SL大樹 3重連の列車編成

©東武鉄道

「SL大樹3重連イベント」は5月23日(月)11時から発売する東武トップツアーズまたは、クラブツーリズムのツアーに参加することで乗車できます。また、「東武鉄道公式ファンクラブ」会員は、会員特典 として5月19日(木)より先行して申し込みを受け付けます。募集人数はそれぞれ200名ずつ、計400名です。なお、東武トップツアーズ募集人数には公式ファンクラブ会員先行募集100名を含みます。旅行代金は19,000円〜20,000円で、ツアー参加者には、参加記念品として「懐中時計」がプレゼントされます。

期日: 2022/05/19から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ