怒涛の9時間乗りっぱなし!東京・小山・新幹線総合車両センター&回送線クルーズ

ニュース画像:新河川大好き「鉄」人、あつまれ!(E5系新幹線 BOEING737MAX-8さん 2021年07月15日撮影) - 「怒涛の9時間乗りっぱなし!東京・小山・新幹線総合車両センター&回送線クルーズ 」
新河川大好き「鉄」人、あつまれ!(E5系新幹線 BOEING737MAX-8さん 2021年07月15日撮影)

©BOEING737MAX-8さん

JR東日本とJR東日本びゅうツーリズム&セールスは2022年7月9日(土)、「集え『鉄』人たち! 9時間乗りっぱなしの入出区ツアー! 新幹線車両基地&回送線クルーズ」を開催します。所要時間約9時間で東京新幹線車両センター、 小山新幹線車両センター、新幹線総合車両センターの3車両基地内を巡る、なかなか体験できない貴重な入出区ツアーです。

このツアーは新幹線 YEAR 2022 特別企画として企画されました。上野駅を出発し、3つ車両基地と1つの留置線を巡りながら終点の仙台駅まで乗車し続けるツアーです。車両基地に向かう回送線を走行するほか、車両基地内では「構内運転(転線)」を実施。新幹線乗務員や各車両センター社員によるガイドを聞きながら、普段決して見ることができない景色を車内から楽しむことができます。

商品は日帰りと宿泊の2コースを用意。行程は往路が、臨時列車「新幹線車両基地回送線号」 上野駅を10時30分頃出発、仙台駅へ19時20分頃に到着します。復路は、日帰りプランが東京駅に22時40分~23時20分頃到着、宿泊プランは仙台に宿泊し、翌7月10日(日)に東京駅17時40分~19時頃到着します。

ニュース画像 1枚目:ツアー行程
ツアー行程

©JR東日本

旅行代金は日帰りプラン普通席利用がおとな35,000円、こども25,000円、宿泊プランは一例として「ホテルメトロポリタン仙台イースト(トレインビュールーム)」2名1室利用で、おとな55,000円、こども40,000円です。

申し込みは、JR東日本びゅうツーリズム&セールスの「日本の旅、鉄道の旅」サイトから受け付けています。

【各車両基地のツアーポイント】
■東京新幹線車両センター:車体洗浄機を通過して「庫線」と呼ばれる車庫の中へ案内
■小山新幹線車両センター:本線と直接つながっていない「引上線」へ転線
■新幹線総合車両センター:最大長約3.5kmある敷地内を巡り、JR東日本の各新幹線を間近で見学

期日: 2022/06/03から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ