西九州新幹線開業に合わせ新特急「リレーかもめ」「かささぎ」誕生!運行区間は?

ニュース画像:885系イメージ(885系 Wingskyさん 2021年03月19日撮影) - 「西九州新幹線開業に合わせ新特急「リレーかもめ」「かささぎ」誕生!運行区間は?」
885系イメージ(885系 Wingskyさん 2021年03月19日撮影)

©Wingskyさん

JR九州は2022年9月23日(金・祝)、西九州新幹線の開業に合わせ新たな在来線特急「リレーかもめ」「かささぎ」が運行を開始します。

西九州新幹線は武雄温泉~長崎間(営業キロ69.6km)の新路線です。車両はN700S新幹線電車を使用し、1日あたり47本の新幹線「かもめ」を運転します。新幹線「かもめ」のデビューに伴い、博多〜長崎まで向かう現行の同名の在来線特急「かもめ」は廃止、武雄温泉駅で新幹線「かもめ」と接続する在来線特急「リレーかもめ」を新たに運転します。運行区間は博多~武雄温泉間です。なお、武雄温泉駅では新幹線と在来線が同一ホームで乗り換えができる「対面乗換方式」を採用、きっぷも1枚で利用可能で、乗り継ぎがスムーズです。使用車両は885系電車6両編成と、787系8両編成です。

ニュース画像 1枚目:武雄温泉駅での対面乗換方式 ときっぷイメージ
武雄温泉駅での対面乗換方式 ときっぷイメージ

©JR九州

また、博多~佐賀・肥前鹿島間では在来線特急「かささぎ」がデビューします。列車愛称名の「かささぎ」は、佐賀県の県鳥として親しまれ、地域に愛される特急列車として活躍できるよう願いが込められています。運行本数は、博多~佐賀間が上り2本、下り1本、博多~肥前鹿島間は上り7本、下り7本の計17本。使用車両は885系電車6両編成、787系電車6両編成、787系電車8両編成、783系電車8両編成の予定です。

ニュース画像 2枚目:西九州新幹線 運行体系
西九州新幹線 運行体系

©JR九州

西九州新幹線開業で、博多~長崎間は30分短縮し最速1時間20分に、新大阪~長崎間は最速3時間59分で結ばれます。

ニュース画像 3枚目:西九州新幹線「かもめ」
西九州新幹線「かもめ」

©JR九州

期日: 2022/09/23から

ニュースURL

溜まっていませんか、鉄道写真!?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)
  • ニュース画像:885系イメージ(885系 Wingskyさん 2021年03月19日撮影)

    885系イメージ(885系 Wingskyさん 2021年03月19日撮影)

    ©Wingskyさん

  • ニュース画像:西九州新幹線「かもめ」

    西九州新幹線「かもめ」

    ©JR九州

  • ニュース画像:武雄温泉駅での対面乗換方式 ときっぷイメージ

    武雄温泉駅での対面乗換方式 ときっぷイメージ

    ©JR九州

  • ニュース画像:西九州新幹線 運行体系

    西九州新幹線 運行体系

    ©JR九州

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ