来春開業「うめきた(大阪)地下駅」、世界初のフルスクリーンホームドア、自分専用案内サイン導入

ニュース画像:世界初のフルスクリーンホームドア イメージ - 「来春開業「うめきた(大阪)地下駅」、世界初のフルスクリーンホームドア、自分専用案内サイン導入 」
世界初のフルスクリーンホームドア イメージ

©JR西日本

JR西日本は、2023年春に開業予定のうめきた(大阪)地下駅に導入する、世界初のフルスクリーンホームドアと、構内に導入するデジタル可変案内サインの詳細を発表しました。

世界初導入となるフルスクリーンホームドアは、2031年の「なにわ筋線」開業を見据え、特急など入線車種が多様となることを想定、車種に応じて自在に開口を構成できるホームドアを開発しました。配線・駆動部などの設備を上部に配置し、扉部をスリム化、ホームドア上部と下部にそれぞれデジタルサイネージを設置し、インタラクティブな案内情報を提供し、ホームをより広く、安全に利用することができます。

また、デジタル可変案内サイン(Mass)は、乗客自身のスマートフォンで事前に目的地を登録して使用。「自分専用の行き先内」を、"One to One"で、案内板に連続的に表示・情報提供するシステムです。目的地を登録したスマホと連動することで、駅構内の案内板に近づくと、1人1人専用のマークで知らせ、誘導します。

ニュース画像 1枚目:ひとりひとりに合わせた案内を提供「デジタル可変案内サイン(Mass)」
ひとりひとりに合わせた案内を提供「デジタル可変案内サイン(Mass)」

©JR西日本

地下でつなぎ、エレベータ・エスカレータを備えた改札内連絡通路を整備して「大阪駅新改札口」と繋がる「うめきた(大阪)地下駅」は、2023年春に「大阪駅」として開業予定です。今後なにわ筋線開業の開業予定で、大阪中心部と関西国際空港、和歌山方面とのアクセスが拡充され、より便利な駅へと生まれ変わります。

ニュース画像 2枚目:2023年春開業予定の「うめきた(大阪)地下駅」
2023年春開業予定の「うめきた(大阪)地下駅」

©JR西日本

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?
  • ニュース画像:世界初のフルスクリーンホームドア イメージ

    世界初のフルスクリーンホームドア イメージ

    ©JR西日本

  • ニュース画像:ひとりひとりに合わせた案内を提供「デジタル可変案内サイン(Mass)」

    ひとりひとりに合わせた案内を提供「デジタル可変案内サイン(Mass)」

    ©JR西日本

  • ニュース画像:2023年春開業予定の「うめきた(大阪)地下駅」

    2023年春開業予定の「うめきた(大阪)地下駅」

    ©JR西日本

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ