広島電鉄「被爆電車」、3年ぶりに乗車体験開催へ

ニュース画像:被曝電車「653」(広電650形 ナカシマさん 2016年06月10日撮影) - 「広島電鉄「被爆電車」、3年ぶりに乗車体験開催へ」
被曝電車「653」(広電650形 ナカシマさん 2016年06月10日撮影)

©ナカシマさん

広島電鉄は2022年8月6日(土)から8月9日(火)までの4日間、広島電鉄650形電車653号「被爆電車」の特別運行を実施します。コロナ禍の2020年、2021年は、感染拡大防止のため、一般の方を対象とした乗車体験を見送っていたため、今年は3年ぶりの開催です。

被爆電車特別運行プロジェクトは、被爆70年プロジェクトの一環として2015年にスタートし、今年で8年目を迎えます。2022年は体験乗車と合わせて、過去2年同様に、車窓から広がる現在の広島の平和な光景のライブ配信も実施します。

特別運行の応募期間は7月15日(金)まで、ハガキまたは応募フォームから受け付けます。応募多数の場合は抽選を実施します。

被爆電車と呼ばれる「653号」は、1942(昭和17)年に製造された広電生え抜き車両です。1945(昭和20)年8月6日に江波付近で被爆し大破したものの、4か月後には復旧を果たし、以来広島のまちを走り続け2006年に一度引退しました。その後2015年にこのプロジェクトで被爆当時の塗装に復刻して復帰し、現在も特別運行を行っています。

■運行区間
広島駅~比治山下~皆実町六丁目~広電本社前~原爆ドーム前~広電西広島(折り返し)~
原爆ドーム前

■運行スケジュール 4日間7便運行(8月6日)
午前の部:広島駅(10:30発)〜広電西広島(11:26頃)〜原爆ドーム前(11:55頃)
午後の部:広島駅(14:00発)〜広電西広島(14:57頃)〜原爆ドーム前(15:26頃)
※8月6日(土)は午後の部のみの運行

■乗車料金
おとな(高校生を除く18歳以上) 1,500円 
こども(小学生~高校生) 500円

ニュースURL

自慢の写真、鉄道好きに公開できます!

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ