日帰りツアー「787系つばめ30周年記念号」、当時の博多〜鹿児島中央間で走行

ニュース画像:「つばめ」が当時の博多〜鹿児島中央間走行(787系 高木鐵さん 2021年12月11日撮影) - 「日帰りツアー「787系つばめ30周年記念号」、当時の博多〜鹿児島中央間で走行」
「つばめ」が当時の博多〜鹿児島中央間走行(787系 高木鐵さん 2021年12月11日撮影)

©高木鐵さん

JR九州は2022年7月16日(土)・7月17日(日)の2日間、日帰りツアー 「787系つばめ30周年記念号」を開催します。ツアーはJR九州787系電車の運行開始30周年を記念し、当時、博多駅~西鹿児島駅(現・鹿児島中央駅)間で運行を開始し九州新幹線部分開業まで運転していた、特急「つばめ」と同区間で運行。八代~川内間は、肥薩おれんじ鉄道線を走行します。

今回のツアーでは、客室乗務員による車内販売や「つばめ」運行当時をイメージした車内放送等を行います。申し込みは6月22日(水)9時30分から、STORE 予約サイトで先行発売を開始します。6月29日(水)9時30分からはJR九州トラベルデスクで電話で受け付けを開始しますが、先行予約開始時点で満席となる可能性もあります。旅行代金は1名利用が26,000円から50,000円、2名利用のボックスシートが60,000円から80,000円です。また、最大4名まで利用可能なグリーン個室は、人数に関わらず180,000円です。

■ツアー行程
7/16発:博多駅(9:01 頃発)>八代駅>川内駅>鹿児島中央駅(16:34 頃着)
7/17発:鹿児島中央駅(9:10 頃発)>川内駅>八代駅>博多駅(15:37 頃着)
※八代駅~川内駅間は肥薩おれんじ鉄道を走行します
※途中駅からの乗降は出来ません

特急「つばめ」は2004年3月の ダイヤ改正で九州新幹線新八代〜鹿児島中央間の部分開業により愛称を新幹線に移行し、新幹線に連絡して博多〜新八代間を結ぶ「リレーつばめ」として運行を開始。2011年3月の九州新幹線全線開業に伴い「リレーつばめ」は全て廃止されました。

期日: 2022/06/22から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ