大阪メトロ、地下鉄全列車の運転室にドライブレコーダー設置へ

ニュース画像:設置場所のイメージ - 「大阪メトロ、地下鉄全列車の運転室にドライブレコーダー設置へ」
設置場所のイメージ

©大阪メトロ

大阪メトロは2022年6月以降、ニュートラムを除く全列車の運転室にドライブレコーダーを設置します。設置完了は2025年度末の予定です。

ドライブレコーダーは、事故発生時の状況把握や原因究明のために設置されるもので、両先頭の運転室に設置、360度全周囲の映像を記録します。同社は、事故・トラブルの際などに映像を確認することで、事故発生時の状況を正確に把握し、円滑な運行再開を目指すほか、乗務員の機器操作の状況を確認し研修に活かすことも予定しています。

6月に今里筋線から順次設置を開始、相互直通運転を行っている御堂筋線、中央線、堺筋線については、大阪メトロの車両にのみ設置し、大阪メトロ線内のみで撮影を実施するとしています。

ニュースURL

あなたにとって普段の写真でも、見たい人がいます!

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ