箱根登山電車ボックスシートから走行車両を望む、「箱根 ゆとわ」トレインビュールーム登場

ニュース画像:ボックスシートに座って本物の箱根登山電車を望む - 「箱根登山電車ボックスシートから走行車両を望む、「箱根 ゆとわ」トレインビュールーム登場」
ボックスシートに座って本物の箱根登山電車を望む

©ホテル「箱根 ゆとわ」

箱根登山鉄道と小田急リゾーツは2022年7月23日(土)、強羅駅徒歩5分のホテル「箱根 ゆとわ」に、箱根登山電車をコンセプトにしたトレインビュールームを1室開設します。

トレインビュールームは、箱根登山線に面した大きな窓のあるスタンダードツインルームに設定。窓辺には現役の箱根登山電車2000形で使用している4人掛けボックスシートを設置し、シートでくつろぎながら実際の登山電車を眺めることができます。室内には、箱根登山線の駅時刻表を模して作成した「箱根ゆとわ前通過時刻表」、1919年に運行を開始したモハ1形の方向板や、同車形の設計図面を掲載した車両カタログなどを展示します。さらに子ども向けに用意した箱根登山鉄道の駅長と同デザインの制服を室内で着用し、家族写真などを撮影できます。

ニュース画像 1枚目:箱根登山電車をコンセプトにしたトレインビュールーム
箱根登山電車をコンセプトにしたトレインビュールーム

©ホテル「箱根 ゆとわ」

また、子ども連れ・指定日限定の「駅長なりきりプラン」を用意、チェックアウト日に強羅駅での「お仕事体験」が可能です。プランはホテルで制服に着替えて強羅駅へ出勤、ご案内役の駅員による点呼を受け、体験がスタート。ホームでの列車到着アナウンスや、旗を使って列車を出発させる指示合図、箱根登山ケーブルカーの運転台見学や記念撮影などを楽しめます。

「駅長なりきりプラン」申し込みは、7月2日(土)10時から「箱根 ゆとわ」で電話で受け付けます。設定日は7月23日(土)、7月30日(土)、8月6日(土)、8月20日(土)、8月27日(土)の宿泊限定で、大人2名、子ども1名の場合、料金は大人 21,800円から、小人15,260円からです。

期日: 2022/07/02から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ