さいたま 鉄道博物館、「鉄道の作った日本の旅150年」 企画展開催

ニュース画像:「鉄道の作った日本の旅150年」 - 「さいたま 鉄道博物館、「鉄道の作った日本の旅150年」  企画展開催」
「鉄道の作った日本の旅150年」

©鉄道博物館

さいたま市大宮区の鉄道博物館は2022年7月23日(土)から2023年1月30日(月)まで、本館2階のスペシャルギャラリーで鉄道開業150年記念企画展「鉄道の作った日本の旅150年」を開催します。

企画展は、鉄道の開業、発展により、その姿を大きく変えてきた日本人の「旅」と「鉄道」との関わりを振り返る展示です。鉄道開業前から1940年代までの旅を前期、1950年代から現代までの旅を後期として、2期に分けて展示します。

■【前期の展示】会期:7月23日(土)~10月24日(月)
序章 鉄道開業前の旅
Ⅰ 明治の旅
Ⅱ 大正、昭和初期の旅
Ⅲ 戦中・戦後の旅

■【後期の展示】 会期:10月29日(土)~2023年1月30日(月)
Ⅳ 昭和後期の旅~1950・60 年代~
Ⅴ 昭和後期の旅~1970・80 年代~
Ⅵ 平成、そして今

「鉄道の作った日本の旅150年」に合わせ、珠玉の秘蔵資料特別公開を実施します。明治初期から半ばまでの鉄道に関する、国指定重要文化財の鉄道古文書をはじめ、普段あまり展示することのない秘蔵の資料を3週間ごとにテーマ別に公開します。1893年に製作された屏風「碓氷峠」や、1872年の鉄道古文書「鉄道寮事務簿」などが展示予定です。

ニュース画像 1枚目:鉄道古文書「鉄道寮事務簿」
鉄道古文書「鉄道寮事務簿」

©鉄道博物館

企画展の入場料は無料で、鉄道博物館の入館料のみで観覧できます。

期日: 2022/07/23 〜 2023/01/30

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ