JR西日本、特急車両 キハ187系の「左右動ダンパ」落失

ニュース画像:落失した同型式部品の「左右動ダンパ」 - 「JR西日本、特急車両 キハ187系の「左右動ダンパ」落失」
落失した同型式部品の「左右動ダンパ」

©JR西日本

JR西日本は2022年7月7日(木)、特急「スーパーまつかぜ」・「おき」に使用するキハ187系電車「キハ187-1005」の車両部品の落失について発表しました。落失したのは、横揺れを吸収し乗り心地を向上させるための「左右動ダンパ」と呼ばれる部品です。

部品の落失は7日の17時9分頃、JR西日本後藤総合車両所 運用検修センターで車輪の取替作業を行っていた際に発覚。車両の床下に取り付けている「左右動ダンパ」がない事を確認しまし た。落失したのは5月9日~7月3日の間で、区間は鳥取~新山口間とみられます。「左右動ダンパ」は全長36cm、直径10cm、重さ8.16kgの鉄製の部品1つです。

なお、この影響によるケガ人等はおらず、列車の運行にも影響はありません。JR西日本は現在、部品を捜索中としています。

ニュース画像 1枚目:落失した状態
落失した状態

©JR西日本

ニュースURL

あなたにとって普段の写真でも、見たい人がいます!

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ