東武東上線、大山駅付近の高架化に着手 8つの踏切解消へ

ニュース画像:高架化完了後イメージ 東上線第16号踏切付近(大山駅~中板橋駅間) - 「東武東上線、大山駅付近の高架化に着手 8つの踏切解消へ」
高架化完了後イメージ 東上線第16号踏切付近(大山駅~中板橋駅間)

©東武鉄道

東武鉄道は2022年7月28日(木)、東上線の大山駅付近の高架化を行う連続立体交差事業に着手しました。

大山駅付近の高架化は、東京都が進めている都市計画事業です。大山駅を含む下板橋~中板橋間の約1.6kmを高架化し、8か所の踏切を廃止します。また、大山駅も改築し、高架駅になります。東武鉄道は、踏切での交通渋滞の解消により、道路と鉄道それぞれの安全性の向上を図るほか、鉄道により分断されていた地域が一体化し、安全で快適なまちづくりが実現できるとしています。

事業の完成は2030年度の予定で、事業費は約428億円、負担額は東京都が国費を含め約342億円、東武鉄道が約86億円です。

期日: 2022/07/28から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ