KATOから飯田線の流電「クモハ52形」登場!12月発売予定

ニュース画像:飯田線で人気だった「クモハ52形 流電」(52系 もりもりさん 1994年08月13日撮影) - 「KATOから飯田線の流電「クモハ52形」登場!12月発売予定」
飯田線で人気だった「クモハ52形 流電」(52系 もりもりさん 1994年08月13日撮影)

©もりもりさん

Nゲージなどを製造・販売する鉄道模型メーカー関水金属(KATO)は2022年12月頃に、「クモハ52形(1次車)飯田線 4両セット」を発売します。国鉄52系電車「クモハ52形」は流線形の車体デザインから「流電」と呼ばれる車両です。販売価格は19,030円を予定しています。

商品は「飯田線旧形国電シリーズ」の続編です。両先頭車が「流電」のクモハ52形001・002(1次形)とサハ48021・024で組成された1次車の4両編成です。各車とも狭幅の側窓が並び、雨ドイ位置もほぼ揃う整った姿の編成を忠実に再現。車体カラーも「スカ色」と呼ばれるクリームとブルー塗装を施します。

クモハ52形は1936(昭和11)年に、関西急電用として製造され、1957(昭和32)年に飯田線へ配置。当時、多くの旧形国電が行き交う飯田線の中でも、最も人気を博した車両のひとつです。

ニュース画像 1枚目:クモハ52形 (1次車) 飯田線 4両セット 構成
クモハ52形 (1次車) 飯田線 4両セット 構成

©KATO

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

  • ニュース画像:飯田線で人気だった「クモハ52形 流電」(52系 もりもりさん 1994年08月13日撮影)

    飯田線で人気だった「クモハ52形 流電」(52系 もりもりさん 1994年08月13日撮影)

    ©もりもりさん

  • ニュース画像:クモハ52形 (1次車) 飯田線 4両セット 構成

    クモハ52形 (1次車) 飯田線 4両セット 構成

    ©KATO

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ