豪雨による運転見合わせ、JR東日本の運行状況・迂回ルートは?

ニュース画像:運転見合わせ線区とう回ルート - 「豪雨による運転見合わせ、JR東日本の運行状況・迂回ルートは?」
運転見合わせ線区とう回ルート

©JR東日本

JR東日本は2022年8月3日の豪雨の影響で、東北地方を中心に多くの路線で運転を見合わせています。橋りょうの倒壊・崩落や線路の浸水、盛土流出など設備の被害が大きく、運転再開までに時間がかかる見込みです。夏休み期間中ということもあり、これから旅行やお盆の帰省を計画している人に大きく影響する鉄道の運転状況。JR東日本では、8月6日(土)現在の運転見合わせ区間と迂回ルートを案内しています。

【運転見合わせ区間:8/6始発以降】
■磐越西線 野沢〜喜多方間:当面の間運転見合わせ
■羽越本線 新発田〜村上間:8/6・8/7終日運転見合わせ
■米坂線 米沢〜坂町間
※坂町~今泉間:当面の間運転見合わせ
※今泉~米沢間:8/10頃運転再開見込み
■奥羽本線 東能代~大館間:復旧は10日前後かかる見込み
※バス代行実施中(5往復/日)
■五能線 岩館〜深浦間:復旧は10日前後かかる見込み
■津軽線 蟹田〜三厩間:復旧は10日前後かかる見込み

期日: 2022/08/03から

ニュースURL

面倒な距離計算は必要ありません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ