JR北海道、初の通勤形ワンマン電車「737系」 2023年デビュー

ニュース画像:新型737系電車 - 「JR北海道、初の通勤形ワンマン電車「737系」 2023年デビュー 」
新型737系電車

©JR北海道

JR北海道は、2023年春に室蘭線(苫小牧〜室蘭間)へ新型737系通勤形交流電車を全26両導入します。JR北海道では初となる通勤形ワンマン電車です。今後、老朽化した現行のキハ143形気動車などと置き換える計画です。

車両は2両(1M1T)編成で、最大6両まで併結が可能です。車体はアルミ合金製(先頭部は鋼鉄製)、座席はオールロングシートを採用。現行のキハ143形と比べ、19cm低床化し、車椅子に対応した大型トイレや、フリースペースの設置など、バリアフリーに対応しています。

ニュース画像 1枚目:新型737系電車 車内の様子(イメージ)
新型737系電車 車内の様子(イメージ)

©JR北海道

2022年冬に第1編成が完成し、2023年春までに製造される予定です。

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ