今年も秋が来た!JR貨物、北海道から「じゃがいも輸送専用列車」運行

ニュース画像:JR貨物 イメージ(EH500形 キイロイトリさん 2021年09月05日撮影) - 「今年も秋が来た!JR貨物、北海道から「じゃがいも輸送専用列車」運行」
JR貨物 イメージ(EH500形 キイロイトリさん 2021年09月05日撮影)

©キイロイトリさん

JR貨物は2022年9月12日(月)から10月2(日)にかけて、「馬鈴薯(じゃがいも)輸送専用列車」を運行します。北海道から秋の訪れを告げる風物詩のような列車は、例年9月頃に秋冬期の輸送力増強施策として運行されています。

列車は、北海道 帯広貨物駅から埼玉 熊谷貨物ターミナル駅間で運行、列車番号は9078~8054~9085です。コンテナ車20両に、12ft(フィート)コンテナを100個、計2,000個のコンテナを積載して輸送する予定で、輸送量は2021年度実績と同様の見込みです。なお、この専用列車以外の定期列車でもじゃがいもを輸送しています。

JR貨物北海道支社では、道内で生産した農産物を全国各地へ輸送しています。北海道外に出荷されるもののうち、じゃがいもは約4割を、玉葱は約6割を貨物列車で輸送しています。

期日: 2022/09/12 〜 2022/10/02

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ