JR北海道 H100形、ラッピング車両4両導入 ラベンダーやタンチョウなどカラフルに

ニュース画像:釧網線ラッピング - 「JR北海道 H100形、ラッピング車両4両導入 ラベンダーやタンチョウなどカラフルに」
釧網線ラッピング

©JR北海道

JR北海道は2022年9月14日(水)、ラッピングを施したH100形を年度内に4両導入すると発表しました。それぞれ異なるラッピングには、ラベンダーやタンチョウなど、各路線を象徴するモチーフが描かれます。

車両は、鉄道・運輸機構(JRTT)と、北海道による助成・補助制度を活用し、第三セクター「北海道高速鉄道開発」が取得、JR北海道が無償貸与を受ける形で運行されます。4両は、それぞれ「H100-82」が釧網線、「H100-83」が花咲線、「H100-80」が石北線、「H100-81」が富良野線のラッピングを施します。

ニュース画像 1枚目:花咲線ラッピング
花咲線ラッピング

©JR北海道

ニュース画像 2枚目:石北線ラッピング
石北線ラッピング

©JR北海道

ニュース画像 3枚目:富良野線ラッピング
富良野線ラッピング

©JR北海道

車内内装は観光列車としても利用できるよう、通常のH100形から変更。座席シート生地のデザインには、北海道の自然や風景をイメージした絵柄を取り入れます。

ニュース画像 4枚目:車内イメージ すべて共通
車内イメージ すべて共通

©JR北海道

2023年度には、室蘭線、日高線、根室線、宗谷線のラッピング車両が追加導入される計画です。

ニュースURL

溜まっていませんか、鉄道写真!?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ