お召列車専用機「EF58 61」、鉄道博物館常設展示決定!10/30から

ニュース画像:東京総合車両センターでの「EF58 61」(EF58形 とっきーさん 2018年08月25日撮影) - 「お召列車専用機「EF58 61」、鉄道博物館常設展示決定!10/30から」
東京総合車両センターでの「EF58 61」(EF58形 とっきーさん 2018年08月25日撮影)

©とっきーさん

さいたま市大宮区の鉄道博物館は2022年10月30日(日)から、EF58形電気機関車 お召列車専用機の「EF58 61」を常設展示します。同館の展示車両追加は、南館オープン以来、4年ぶりで、屋内外合わせて計42両となります。

「EF58 61」は1953年にお召列車専用機として製造され、首都圏の直流電化区間を中心に2008年まで活躍してきました。これまで90回以上、お召列車の先頭に立ちました。また、臨時列車やイベント列車なども多くけん引し、日本の電気機関車を代表する存在でした。その後、東京総合車両センターで保存され、今回、鉄道博物館への展示が決定しました。

期日: 2022/10/30から

ニュースURL

溜まっていませんか、鉄道写真!?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ