JR4社、シーズン別の指定席特急料金見直し 400円増“最繁忙期”を新設定 2023年4月

ニュース画像:料金設定のイメージ - 「JR4社、シーズン別の指定席特急料金見直し 400円増“最繁忙期”を新設定 2023年4月」
料金設定のイメージ

©JR西日本

JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州の4社は、2023年4月1日(土)乗車分から、シーズン別の指定席特急料金を見直します。一部期間に「最繁忙期」を設定します。

2022年現在、JR東海、JR西日本(北陸新幹線を除く)、JR四国、JR九州の特急列車の指定席特急料金はシーズン別に「閑散期」、「通常期」、「繁忙期」の3段階に分かれ、閑散期は通常期の指定席特急料金の200円引き、繁忙期は200円増しとなっています。

2023年4月以降は、通常期の400円増しの料金区分「最繁忙期」が新たに追加設定されます。利用が特に多いゴールデンウィーク・お盆・年末年始のピーク期間に設定される予定です。なお、JR北海道の北海道新幹線、JR東日本の各新幹線と一部の特急列車等、JR西日本の北陸新幹線では、2022年4月からすでに導入済みです。

一方で、利用が多いお盆や年末年始期間の前後には、新たに閑散期や通常期を設定。細かな料金設定で、利用日のピークを分散させ、価格面、混雑面でも快適に利用できるようにするとしています。

併せて、JRグループのグリーン車および寝台車利用時の特急料金にも、新たにシーズン別の料金を適用する予定です。

期日: 2023/04/01から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ