JR西日本 2022冬ボーナスは1.8か月プラス3万円

JR西日本は、2022年度の冬のボーナス(期末手当)について、エリア手当及び扶養手当の合計額の1.8か月分と、一時金30,000円を支給すると組合に回答しました。国鉄分割民営化以降の冬のボーナスでは2020年、2021年に続き、過去3番目の低水準です。

同社の2023年3月期第2四半期決算は、連結ベースで645億円の黒字。運輸収入は、対前年で152.7%の増加、対コロナ前の2019年比較では70.8%まで回復しています。

■参考 JR西日本手当
2022年度
夏季手当:1.34か月、年末手当:1.8か月
2021年度
夏季手当:1.3か月、年末手当:1.25か月
2020年度
夏季手当:2.69か月、年末手当:1.5か月(当初予定2.69か月から減額)

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ