複線化完了までもう少し!JR奈良線 六地蔵~城陽間、線路切換工事で運転取り止め

ニュース画像:線路切換工事に伴う運休区間 - 「複線化完了までもう少し!JR奈良線 六地蔵~城陽間、線路切換工事で運転取り止め」
線路切換工事に伴う運休区間

©JR西日本

JR西日本は2022年12月17日(土)、奈良線複線化のための線路切換工事に伴い、奈良線 六地蔵~城陽間で運転を取り止めます。運休時間は、21時頃~終電までを予定しています。

運休区間の最終列車は、京都21時9分発の普通列車奈良行きと、奈良20時50分発の普通列車京都行きです。運転取り止め中は、 近畿日本鉄道、京阪電気鉄道、京都市交通局にて振替輸送を実施。バスによる代行輸送はありません。

奈良線複線化事業は、現在、第2期複線化として14kmの複線化と駅改良工事が進行中です。第1期複線化では、京都~JR藤森間、宇治~新田間がすでに完了。2023年春に全20.2kmの工事完了を予定しています。

ニュース画像 1枚目:複線化進捗状況 桃山~六地蔵間
複線化進捗状況 桃山~六地蔵間

©JR西日本

期日: 2022/12/17

ニュースURL

路線、駅など、すべて自動集計!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ