JR東の新観光列車「ひなび」2023年冬デビュー リゾートあすなろを改造

ニュース画像:JR東日本の新観光列車「ひなび 」2023年冬デビュー - 「JR東の新観光列車「ひなび」2023年冬デビュー リゾートあすなろを改造」
JR東日本の新観光列車「ひなび 」2023年冬デビュー

©JR東日本

JR東日本盛岡支社は、2023年冬頃に、新しい観光列車「ひなび(陽旅)」の運行を開始すると発表しました。車両は、2両編成のディーゼルハイブリット車両 HB-E300系「リゾートあすなろ」を改造。岩手県と青森県の各線区を運行する予定です。

列車名「ひなび」は、岩手・青森の自然を車窓から感じ、“ぬくもりのあるゆった りとした旅”をしてほしいという想いから名付けられたとのこと。ロゴマークは自然の中を走行する「ひなび」と、 花結びや文字のつながりから、人と人を結ぶ助け合いや絆を意味する「結び」を表現。外装には、通称「盛岡色」と呼ばれる「白地に赤ライン」 配色を採用します。デザインは、2両編成の中央に山を連想させ、波や川の模様、花吹雪などを配置し、豊かな自然を表現しています。

車内レイアウトについては、1号車は4人掛け・2人掛けボックスシート等を中心に配置、2号車は2人掛けのリクライニングシートを中心とした配置で、座席定員は2両合計で59名です。

ニュース画像 1枚目:車内レイアウト イメージ
車内レイアウト イメージ

©JR東日本

指定席料金や車内サービス等については、今後決まり次第発表されます。

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ