迫力のDE10重連「DLすいぐん号」、初冬の水郡線で運行

ニュース画像:(DE10形 FM-805Dさん 2022年12月03日撮影) - 「迫力のDE10重連「DLすいぐん号」、初冬の水郡線で運行」
(DE10形 FM-805Dさん 2022年12月03日撮影)

©FM-805Dさん

JR東日本は2022年12月3日・4日の2日間、水郡線 水戸〜常陸大子間で臨時快速列車「DLすいぐん号」を運転しました。

鉄道開業150年と、茨城プレデスティネーションキャンペーンに合わせ、今回初設定されました。当日は、ぐんま車両センター所属のDE10形ディーゼル機関車「DE10 1604」と「DE10 1654」の2機連結(DL重連)で、12系客車5両をけん引。初冬の水郡線を力強く走りました。

期日: 2022/12/03 〜 2022/12/04

ニュースURL

全国走破めざしませんか!?

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ