西武鉄道、20000系で三代目「L-train」ラッピング運行へ 1月15日から

画像:三代目「L-train」 イメージ
三代目「L-train」 イメージ

©西武鉄道

西武鉄道は2018年1月15日(月)、プロ野球球団「埼玉西武ライオンズ」の創設40周年を記念し、同社20000系車両を使用したラッピング電車「L-train(エルトレイン)」の三代目となる車両の運行を開始します。

西武鉄道の「L-train」は、これまで3000系と9000系で運行された実績があり、このうち3000系についてはすでに運行を終了、9000系1編成が運行されています。新たに運行が開始される三代目「L-train」は、新宿線系統と池袋線系統に1編成ずつ投入、計2編成が運行されます。使用編成はいずれも10両編成の「20104」編成、「20105」編成です。運行期間は、1月15日(月)から「当面の間」とされています。

なお、1月26日(金)の10時45分から、狭山線の西武球場前駅5番ホームにおいて出発式が実施され、同日は、西武球場前〜所沢間で三代目「L-train」の臨時特別運行が実施されます。臨時列車には、西武ライオンズの選手1名が乗車する予定です。

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: