つくばエクスプレス、3月17日にダイヤ改正 守谷追越設備を活用し運転パターンを変更

画像:ダイヤ改正前後の運転パターン
ダイヤ改正前後の運転パターン

©首都圏新都市鉄道

首都圏新都市鉄道は2018年3月17日(土)、つくばエクスプレスの秋葉原〜つくば間の全線においてダイヤ改正を実施します。今回のダイヤ改正では、2017年11月に完成した「守谷追越設備」を活用して日中時間帯の運転パターンが変更されるほか、夕夜間時間帯の輸送改善、列車増発などが実施されます。

日中時間帯の運転パターン変更では、「快速」が「普通」を追い抜く駅を、現行の流山おおたかの森駅1駅から、八潮駅と守谷駅の2駅に変更されます。また、つくば駅発の運転間隔が見直され、現行ダイヤで最大25分空いていた快速・区間快速の運転間隔が最大21分に短縮されます。このほか、八潮駅での区間快速と 普通の待ち合わせが解消されます。

夕夜間時間帯の輸送改善では、17時台から19時台に秋葉原駅を出発する守谷行き「普通」が計5本増発されるほか、秋葉原駅を17時30分に出発する「快速」つくば行きが「通勤快速」に変更されます。また、「通勤快速」と「普通」の接続パターンが変更され、全ての「通勤快速」つくば行きが、八潮駅と守谷駅で「普通」に接続するようになります。

列車の増発では、平日ダイヤ、土曜・休日ダイヤともに運転本数の増発と区間延長が実施されます。総運転本数は、平日ダイヤで現行比12本増発の456本、土曜・休日ダイヤで384本とされ、区間延長は各ダイヤで1本ずつ実施されます。

改正後のダイヤの詳細など、詳しくは、首都圏新都市鉄道のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/03/17から

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: