東京メトロ日比谷線、13000系車内でBGM放送を試行へ ショパン「ノクターン」など

ニュース画像:東京メトロ日比谷線 13000系 - 「東京メトロ日比谷線、13000系車内でBGM放送を試行へ ショパン「ノクターン」など」
東京メトロ日比谷線 13000系

©東京メトロ

東京メトロは2018年1月29日(月)から、日比谷線の13000系車内においてBGM放送を試行運用します。通勤用列車における営業列車内でのBGMの放送は国内で初の試みで、当面の間、試行される予定です。

日比谷線の13000系電車は、2017年3月にデビューした最新車両で、車内スピーカーに高音質ステレオ放送システムを搭載、よりクリアな音質を楽しむことができる仕様となっています。 BGM機能は、イベント列車の運行や、車両点検時のスピーカー試験のために導入されたものですが、東京メトロでは、日頃の通勤利用の乗客に快適な車内空間を提供することを目的として営業列車での試行を行うとしています。

放送される楽曲は、「13101」編成など奇数編成でクラシック音楽、「13102」編成など偶数編成でヒーリング音楽となります。なお、クラシック音楽では、ドビュッシーの「月の光」、ショパンの「ノクターン」、メンデルスゾーンの「春の歌」などが放送されます。放送区間は中目黒〜北千住間の全線で、直通先の東武スカイツリーラインでは放送されません。

詳しくは、東京メトロのウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/01/29から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ