熊本市電、主要電停で運行情報を表示する「案内モニター」の運用を開始 2月1日から

ニュース画像:案内モニター イメージ - 「熊本市電、主要電停で運行情報を表示する「案内モニター」の運用を開始 2月1日から」
案内モニター イメージ

©熊本市交通局

熊本市交通局は、2018年2月1日(木)から、市電の主要8電停に、運行情報を表示する「案内モニター」、電車の接近などを知らせる「音声案内装置」を設置、運用を開始し、利便性向上を図ります。

このモニターなどの設備は、2017年3月から運用を開始した、電車の位置をリアルタイムで確認できる「熊本市電ナビ」の機能拡充として設置されるもので、電車の現在位置や到着予定時刻などの情報を表示します。音声案内では到着する電車の系統情報や行き先、緊急案内等を放送します。案内モニターのサイズは32インチです。

設置される電停は、熊本駅前電停の健軍町方面行きホームと、辛島町電停、熊本城・市役所前電停、通町筋電停、水道町電停、交通局前電停、新水前寺駅前電停、健軍町電停です。

詳しくは、熊本市交通局のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/02/01から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ