京都市交通局とJR西日本の連絡定期券、3月24日乗車分から発売

ニュース画像:JR西日本、京都市交通局が発券する連絡定期券 イメージ - 「京都市交通局とJR西日本の連絡定期券、3月24日乗車分から発売」
JR西日本、京都市交通局が発券する連絡定期券 イメージ

©JR西日本

京都市交通局と西日本旅客鉄道は、2018年3月24日(土)乗車分から、「京都市営地下鉄・JR西日本連絡定期券」をICOCA、磁気券で販売を開始しています。両社局の乗り継ぎ利便性を向上する取り組みで、京都駅、山科駅、二条駅、六地蔵駅を接続駅としています。

対象区間は京都市営地下鉄は東西線と烏丸線の全線、JR西日本はJR山陰本線嵯峨野線の二条~園部間、JR東海道本線京都線の京都~大阪間、山科での乗り換えを含むJR東海道本線琵琶湖線の京都~米原間とJR草津線の草津~貴生川間、山科での乗り換えを含むJR湖西線の京都~近江塩津間、六地蔵での乗り換えを含むJR奈良線の京都~奈良間です。

なお、区間が「京都市営地下鉄〜JR西日本〜京都市営地下鉄」、「JR西日本〜京都市営地下鉄〜JR西日本」となる定期券は販売されません。発売券種は、通勤定期券の大人と通学定期券「大人・小児」で、通用期間は1カ月、3カ月、6カ月です。

販売は京都市交通局が北大路駅、四条駅、京都駅前、竹田駅、六地蔵駅、山科駅、三条京阪駅、二条駅の定期券発売所に加え、西賀茂営業所、梅津営業所、洛西営業所、横大路営業所のバス営業所です。また、JR西日本はみどりの窓口、みどりの券売機です。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ