名古屋市交通局、3月14日から「manaca」のオートチャージサービスを開始

画像:manacaオートチャージ イメージ
manacaオートチャージ イメージ

©名古屋市交通局

名古屋交通局は、2018年3月14日(水)から、ICカード「manaca」のオートチャージサービスを開始します。

このサービスは、上小田井駅、上飯田駅を除く85駅の名古屋市営地下鉄の駅で、「manaca」をタッチして入場する際、チャージ残額が一定金額以下の場合に、クレジットカードから自動的に指定した金額がチャージされるというものです。対象のクレジットカードは、新たに3月1日(木)から発行される「wellow card(ウィローカード)」のみです。

「wellow card」には二種類があり、「manaca」一帯型のカードと、従来からの「manaca」とリンク設定をして、オートチャージ機能を保持させるマナカリンク型のカードが発行されます。

「wellow card」の申し込み方法は、3月1日(木)から名古屋駅、伏見駅、栄駅、矢場町駅、金山駅、久屋大通駅、星ヶ丘駅、藤が丘駅、赤池駅に設けられる特設カウンターまたは、ウェブサイトから申し込みができます。また、入会申込書に必要事項を記入の上、郵送でも受け付けます。

なお、「wellow card」とリンクできる「manaca」は名古屋交通開発機構が発行したものに限ります。名鉄などで「manaca」を発行しているエムアイシーが発行したものは、リンクできません。

詳しくは名古屋市交通局または、「wellow card」のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/03/14から

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: